交通事故治療の重要性

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 首の痛みが強いのに病院で異常なしと言われた
  • 事故後バタバタしていて気づいたら受診せずに1週間経っていた
  • 薬を飲んでいるのに良くならない
  • 湿布薬を貼っても痛みの程度が変わらない
  • しっかり治療できる場所がどこかわからない

交通事故治療の2大要素とは?|ただき接骨院・整体院

交通事故は不足の事態に人は皆パニックになってしまい、事故に関わる諸々の手続きを終える頃には、誰もが疲れ果てていると思います。そのため、病院の受診を後回しにしがちです。交通事故治療に大切な2大要素とは一体?

要素1:医療機関の受診は1週間以内に

基本的には医療機関へは事故に遭った日に行くのが理想です。無症状ながらも、身体の中で少しずつ出血している場合もあるからです。隠れたケガの早期発見につながるだけでなく、治療開始が早ければ早いほど、後遺症のリスクも軽減します。

ただ、自賠責保険の補償制度を基礎として考えると、事故後1週間以内に医療機関を受診することが望ましいです。なぜなら、自賠責保険はの補償はかなりシビアで、事故から1週間経過すると適応外となることがあるからです。事故から2週間経過してしまうと、痛みがあっても事故との因果関係を否定されてしまうこともあるのです。事故後は早急に受診することを忘れないようにしましょう。

要素2:必要なのは根本治療

交通事故で多いけがの1つにむちうち症(頚椎捻挫)がありますが、画像診断では異常が見つからず、痛み止めや湿布薬の処方のみで終了してしまうことが多いです。

薬で一時は痛みが落ち着いても、痛みを引き起こしている根本原因は改善されません。湿布薬を貼っても改善されることはありません。そのまま適切な治療をしなければ、身体の歪みは日に日に大きくなり、頭痛やめまい、耳鳴りなどの自律神経症状にもつながってしまいます。身体の歪みをしっかりと矯正し、根本から症状を改善することが大切です。

むちうちは初期対応がカギ|ただき接骨院・整体院

むちうちは頚椎がダメージを受けることで生じますが、頚椎は胸椎、腰椎、尾椎と連なっているため、その症状は多岐にわたります。歪みが腰椎部分にまで進展すれば、椎間板ヘルニアやそれに伴う坐骨神経痛を引き起こし、歩行や排尿障害を引き起こすこともあるのです。それに至らないように、初期の段階で治療を行うことが重要です。

整骨院での治療でも保険が適応|ただき接骨院・整体院

整骨院=全額自費負担というイメージを抱かれている方は以外と多いです。当院では、事故の被害者の方であれば、自賠責保険を利用して治療を行うことができます。また、任意保険や健康保険を使って自己負担を少なく治療することができます。交通事故後に、しっかりと根本から治療したいという方は、ぜひ当院へご相談下さい。

Q&A|ただき接骨院・整体院

Q、接骨院でも自賠責保険は使えますか?

A、はい、もちろん使えます。厚生労働省認可である国家資格「柔道整復師」「鍼灸師」がしっかり対応いたしますのでご安心ください。

Q、事故後すぐに治療へ行けないのですが、どうしたら良いですか?

A、事故後2週間以内の受診であれば大丈夫です。それを過ぎてしまうと因果関係が否定されてしまうため、忙しくても必ず1回は受診しておいてください。

ただき接骨院・整体院 新前橋院

住所
〒371-0843
群馬県前橋市新前橋町12-8
駐車場
完備
アクセス
JR新前橋駅徒歩5分
定休日
日曜

アクセス

受付時間

ただき接骨院・整体院 高崎院

住所
〒370-0004
群馬県高崎市井野町353-1
駐車場
10台完備
アクセス
JR井野駅徒歩5分
定休日
日曜

アクセス

受付時間